Artistsアーティスト

後藤 友輔
プロフィール

アバロン・ミュージック・スクール 代表 後藤 友輔

男性3人組ユニット「To Be Continued」を結成し、ソニー・レコードよりメジャーデビュー(売上200万枚)。作詞/作曲/プロデュースを担当。

経歴
  • TBSのドラマ「もしも願いが叶うなら」の挿入歌「君だけを見ていた」(55万枚)を始めとして、シングル18枚、アルバム8枚をリリース。
  • ソニーミュージックレコード、EMIミュージックジャパンよりCD発売中
  • NTTのCMソング「素直になれなくて」や、テレビ朝日のドラマ「CHANGE」のテーマソング「TRUTH」等数多くの作詞作曲・プロデュースを手がける。
  • 俳優としてもTBSドラマ「愛していると言ってくれ」に特別出演。
  • 声優としてSONY「walkman」のラジオCMのナレーションを担当。
  • TBSのラジオ番組「ザ・オーディション」に審査委員長として2年間出演。オーディション参加のバンドをメジャーデビューさせる。
  • 海外レコーディングにおいて、The Rolling Stonesのエンジニア「Spencer May」や、Londonのクラブシーンの雄「Apollo440」等との共同プロデュースにより培ったノウハウを基に、2003年、アバロン・ミュージック・スクールを設立。
  • 自身の音楽活動を通じて親交を深めた、現役のプロや音楽専門学校の講師の中から、こだわりぬいた講師陣を結集し「新発想」の音楽レッスンを開始。
  • 2011年、長年培ったボイストレーニング法をまとめたアバロン公式「魔法のボイストレーニング」を日東書院より全国発売。発売と同時に「AMAZON」音楽書部門で「第1位」を獲得。
  • 魔法のボイストレーニング」を読んだ読者からの強い要望により、「話し方・話すための」ボイストレーニング法を開発。滑舌を改善して印象度をアップしたり、就職活動に役立つ、より実践的な発声法と呼吸法で人気となっている。
  • 「声優・俳優・アニソン歌手」のための「マンツーマン・ボイストレーニング法」を日本で初めて考案し、プロの俳優・声優はもとより、全国から多くの声優・俳優・アニソン歌手志望の生徒が集まっている。2014年4月より、声優・俳優のボイストレーニングに特化した「アバロン声優スクール」を設立する。
  • 2019年、ボイストレーニング法をまとめたアバロン公式本の第二弾「究極のボイトレ」を主婦の友社より全国発売。発売と同時に「AMAZON」音楽書部門で「第1位」を獲得。